サイトへ戻る

知人の活躍にざわつく夜

羨ましさ以上、嫉妬未満。

· ひとりごと

ちょうど昨年の秋ごろ、「栗原市ゆるくておもしろい移住」プロジェクトの

1泊2日の事前合宿で一緒になった女性が会社を設立した。

 

まだ20代後半で、私よりも若いんだけど、

地方各地を飛びまわって、地域の人たちとの関わりやつながりをつくっていく

起業をしたいと言っていた人だった。

 

当時、私は会社を辞めるか、辞めないかの時期だったと思う。

なにか生きるヒントを・・・という動機でおもしろそうなプロジェクトに参加したのだった。

 

勢いで独立した彼女からの、大変そうな話は聞いていた。

でもやりたいことがはっきり決まっていて、夢もビジョンも語れて、

かつ、融資プレゼン用の企画書もつくっていた姿は刺激的だった。

 

あれ以来まったく音沙汰なかったけど、

仲間も集まり、事業のスキームもできて、プレスリリースされているのを見て、

完全の『くらった』感があった。

 

会わないうちに、向こうはあんなに大きくなっていた。

 

同じ1年間の成長スピードが違うように感じた。

 

私もそれなりに色んな場に足を運んだり、人と沢山出会ってたりしていたけど、

東京と地方を行き来している彼女のほうが、おそらく倍の倍、動いて・出会っていたのだろう。

 

最初はちょっぴり悔しかった。でもすぐその気持ちが刺激となり、奮起につながった。

 

素晴らしいアイディアと事業だと思う。

 

大きな夢を掲げ、いろんな人を沢山巻き込んで、新しいサービスを生み出そうとしている。

 

羨ましいけど、自分は同じ風にはなれない。

 

 

私だったらどうしたいの・・・?

 

 

これからの仕事の仕方・生き方について再確認するいい機会になった。

すべての投稿
×

もう少しで完了します。

あなたのメールアドレスにメールを送信しました。 読者登録の承認のため、届いたメールのリンクをクリックください。

OK