サイトへ戻る

女性の自立って?

決して結婚反対派ではないし、ひとりで生きていくことが素晴らしいとは思わない。

けれど・・・

· ひとりごと

同級生がようやく入籍することになった。

お互いずっと独身のままで、なんだかんだ肩身のせまい30代を一緒に過ごしてきたから、

これでやっと安心…というか、落ち着いた。

晩婚入籍のお祝いもかねて、女3人で沖縄・奄美大島に旅行しない?と提案があった。

そうだね、こうやって3人で集まることも、旅行することも、もうなくなるだろうし。

沖縄にはずっと行きたいと思っていたし、気のおけない仲良し同士で行けるなんて、最高。

でも、私は「行きたいけど、行けないな」と返事した。

お金を使うのが不安だからだ。

私はふたりのように、旦那さんの稼ぎがあるわけでも、実家暮らしなわけでもない。

アルバイトで貯めたお小遣いではなく、収入はすべて生活費や事業費にあてなくてはならない。

そう、もう立場が違うのだ。

主婦でも、会社員でもない。事業主なのだ。

前だったら、ちょっとくらい急な出費があったとしても、思い出になりそうな方を優先していたと思う。

今の自分にとって、プライベートな旅行は、「投資」ではなく、「消費」なのだ。

そういう風に考えるようになってしまったことを、とても寂しく思う。

銀行口座の額は、先月・過去最高だった。会社員時代では絶対見ることができなかった預金高になっていた。

とはいえ、使うことにはとても慎重になった。

来月、再来月がどうなるか分からないからだ。

本当は、開業の挨拶もハガキで送りたかった。

パンフレットも、名刺も、HPも、ちゃんとしたデザイナーに頼みたいし…

営業ツールにできるだけお金をかけないところからスタートしている。(コピー代も1枚50円ですぞ)

本題に戻ると、

なぜ、大変な思いをすることを分かっていて独立したのか。

結婚して、二人三脚・二馬力で生活していこうとしないのか。(←ただ単に相手がいないだけかも笑)

「どうせ旦那さんの力でしょう」 (結婚してなかったら今みたいな生活送れてないよ。)

「旦那さんの収入があるからいいじゃないですか~」 (無理して働かなくても。)

「扶養されている身分」 (こっちは税金たんまり払ってんだ。)

「片手間のお仕事ごっこ」 (辞めたくなったら辞めてもいいんじゃない。)

・・・って、思われたくないから!

特に大事なクライアント、取引先、ビジネス仲間たちに。

どんなに女性活躍社会と言われていても、

女性というだけで、旦那さんがいるというだけで、

「そこまで頑張らなくてもいいんじゃない?」

ってなる。

(これも私の偏った考えなので、ジェンダーに詳しい人はどうか攻撃的になりませんように)

旦那さんに、パートナーに、

家賃・光熱費、養育費等、生活費の大部分を払わせているようじゃ、

「女性の自立」とは言えないんじゃないかと。 (別に自立したいわけではありませんが・・・!)

私自身、本音を言うと、

「旦那さんの(収入の)おかげで生活できている」って言われるくらいなら、

「ひとりで大変。かわいそう」

って憐れに思われたほうがマシなんですよね。

どんなに家庭責任があって、家事や子育てに力を注いでも、

自分で稼げる収入がない、少ないってことは、

それだけ立場が低く、発言権がなくなることにつながるから。

経済力のない女性の結婚は、愛ではなく、依存。

(最近話題のマイノリティの生産性論にもつながるから、あまり大きな声では言えないけど。それとは切り離して!)

もし、暮らすのに困らないくらいの財産が手に入ったとしたら、

その人と一緒に居たいと思いますか?

私はお金とか条件とか将来うんぬんとかじゃなく、

そのとき好きになった人と事実婚したいなー。ノリでね。

※コメントは不要です※

すべての投稿
×

もう少しで完了します。

あなたのメールアドレスにメールを送信しました。 読者登録の承認のため、届いたメールのリンクをクリックください。

OK